在宅インターネットビジネスの基本

在宅インターネットビジネスの基本

インターネットを利用したビジネスには、オンラインショップ、有料ポータルサイト、有料サーバー、ポータルサイト広告、検索連動広告、コンテンツ連動広告、有料コンテンツなどがあります。

勤めている会社の仕事を自宅でする場合は、インターネットを通信手段として利用しているだけなので、インターネットビジネスとはいいませんね。インターネットを電話やFAXの代わりにしているだけのSOHOも、それ自体ではインターネットビジネスだとはいえません。

個人や小さな会社がインターネットでするビジネスとしては、最初に挙げたなかの、オンラインショップ、コンテンツ連動広告、有料コンテンツくらいしかありません。その他の、サーバー運営、ポータルサイト運営、検索エンジン運営などは、個人や小さな会社が簡単に手を出せるようなビジネスではありません。

オンラインショップを運営する場合には、楽天市場などのオンラインショッピングモールに出店する方法と、独自サイトで運営する方法がありますが、商品を販売して利益を上げるというビジネスをインターネットでしているだけです。

コンテンツ連動広告で収入を得る場合は、特定のテーマで独自のサイトを作り、そのコンテンツに関連する広告を掲載することで広告収入を得ることになります。

もし、上質なコンテンツを提供できる場合には、そのコンテンツ自体を販売することもできます。同好会的な有料メンバーサイトや情報商材を販売するサイト、有料でノウハウを提供するコンサルタントサイトや有料メールマガジンなどは、これに含まれるでしょう。

このなかで、個人が在宅で「副業として」できるインターネットビジネスというと、アフィリエイトなどのコンテンツ連動広告と情報商材を販売するサイトくらいになるでしょうか。ただし、アフィリエイトの場合には、オンラインショップのようなサイトを作って広告料金を得るという形態も可能です。

いずれにしても、個人が在宅でインターネットビジネスをする場合、基本的なビジネスの仕組みは以下のようになります。

  1. 検索エンジンで集客をする
  2. 顧客に商品やサービスを販売する

インターネットでは、オンラインショッピングをする人達の75%ほどが、検索エンジンを利用して購入する商品を探します。ですから、インターネットでは、検索エンジンを利用しないで集客をするということが基本になります。

そして、そのお客様に対して商品やサービスを提供するということになるわけです。

ですから、インターネットでビジネスをするためには、検索エンジンに関する知識が必須になりますが、その他にも、最低限、次のような知識や技術が必要になります。

  • インターネットでの購買行動
  • 検索エンジンの仕組み
  • ブログの作成
  • アクセス解析

まず、ビジネスをするためには、「お客様」を集める必要があります。集客ですね。お客様を集めることができなければ、どんなビジネスも成り立ちません。これは、インターネットビジネスでも同じです。

街中にある商店は、新聞折り込み広告などで集客をすることもありますが、店の前を人が通ればそれなりにお客様をつかまえることができます。いわゆる一見のお客様です。ですから、小さな個人商店でもそれなりにやっていけたりするわけです。

ところがインターネットでは、そういうわけにはいきません。インターネットでするビジネスでは、一番苦労をするのが集客なのです。

なぜなら、街のお店と違ってインターネットでは、一見の客様などほとんど期待できないからです。

現実の世界では、街にお店を出そうとすると、店舗賃借料、電気上下水道料金など色々と資金が必要になります。ですので、お金のない人が簡単に始められるビジネスというのは限られてきます。

ところが、インターネットの場合は、インターネットに接続できる環境さえあれば、すぐにでも商売を始めることができます。無料のブログサービスなどを利用すると、インターネットカフェからでさえ自分のビジネスサイトを作って営業を始めることができるのです。

このように、インターネットでは、ほとんど資金のない状態からでも簡単にビジネスを始めることができます。インターネットでは、ビジネスの参入障壁がほとんどないのです。

その結果、インターネットでは、ゴミのようなサイトから、とっても役に立つサイトまで、様々なサイトがあふれかえるようになってしまっています。

このような状態では、インターネットのどこを探せばどんなサイトがあり、そこではどんな情報が得られるのかということが、全く分かりません。

こうした問題を解決したのが、Yahoo!やGoogleといった検索エンジンです。

今では違いますが、Yahoo!は、初期型の検索エンジンでした。インターネット上にある数多くのサイトを実際に人間が見て、存在価値が高いと判断したサイトを選んでリンク集を作ったのがYahoo!です。一方Googleは、人間ではなくコンピューターの判断で、自動的に存在価値が高いサイトを探してデータベース化するという技術を開発しました。今ではYahoo!もGoogleのような検索エンジンを主要エンジンとしています。

いずれにしても、Yahoo!やGoogleといった検索エンジンの登場で、インターネット上にある有象無象のサイトから、私たちは自分の探したいサイトを簡単に見つけることができるようになったのです。

さて、話をインターネットで商売をする場合の集客に戻しましょう。

インターネットでは、自分のサイトを作っても、最初からそのサイトを目当てにやってきてくれる人はいません。なぜなら、そのサイトの存在自体が分からないからです。

どうしてそんなことが起こるのでしょうか。

それは、皮肉なことに検索エンジンが発達したことと関係しています。

検索エンジンが発達したことにより、インターネットで自分の欲しい情報や面白そうなサイトを探すときに、私たちは検索エンジンを利用する習慣が付いてしまいました。検索エンジンでは、検索キーワードに関連する情報をたくさん提供している質の高いサイトを順番に、私たちにリスト表示します。

その結果、作って間もないようなサイトは、検索エンジンの評価も低く、検索結果では、100番目、500番目、1000番目など、はるかに下の方にしか表示されないことになってしまいました。これは、「このサイトは、大したサイトではありません」と検索エンジンに認定されたようなものです。そんなサイトを見てみようと思う人はまれです。

その結果、インターネットの世界では、各種検索キーワードごとに、「上位数サイトとその他大勢」という集客力の力関係が成り立つようになってしまっているのです。

この場合、上位数サイトの集客力は抜群ですが、「その他大勢」の集客力は、上位数サイトを合計した集客力に比べると、ほとんどないに等しいということになります。つまり、その他大勢のサイトは、検索エンジンからの集客が望めないということです。

しかし、集客の方法が全くないというわけではありません。

商品を購入しようとしている人達がたくさん集まるサイトがあるのです。それは、楽天市場やYahoo!ショッピングのようなオンラインショッピングモール、そしてオークションサイトなどです。

そうした巨大なオンラインショッピングモールやオークションサイトなどには、ショッピングをするために直接そこを目がけてやってくる人達が大勢います。

ですから、そうしたサイトに出店することにより、インターネット上にビジネス用のサイトを作ってすぐに集客をすることが可能になります。

ただし、この場合には、出店費用が必要になりますし、同じような商品を売っているサイトがたくさん集まると、当然価格競争に巻き込まれます。当然価格競争に巻き込まれると力のないサイトから負けていくことになります。

副業アダルトブログの作り方-AV出会系アダルトグッズ恋愛商材チャットレディで解説/WordPressでアダルトサイトを作る/アダルトWordPressの推奨テーマと基本設定 Cocoonおすすめ/アダルトアフィリエイト総合講座/アダルトアフィリエイトが稼げる理由 2024年の展望/

タイトルとURLをコピーしました