あなた自身のビジネスを持とう

アダルトアフィリエイト

あなた自身のビジネスを持とう

あなたは今、会社にお勤めでしょうか。

会社というのはお金のなる木ではありません。その会社は、経営者や営業の人たちが仕事を探してきて、従業員にその仕事を分け与え、生産された商品やサービスを取引先に提供することで、その対価として収益を得ています。そして、その収益は従業員や投資家たちに分配されるのです。

Head Line

H1

H2

H3

H4

H5
H6

その会社が取引先や顧客を失えば、会社は収益を上げることができなくなります。サラリーマンが収入のすべてをひとつの会社に勤めることで得ている場合、その人は自分の生活のすべてをその会社に依存しているということになります。会社の業績が悪くなれば解雇されることもあるのです。

会社の業績が悪くなって解雇される場合には、解雇が不当だと愚痴を言っても意味がありません。先ほどもいったように、会社はお金のなる木ではないのですから。

よくいわれることですが、すべての人に平等に与えられているものがひとつあります。それは「時間」です。

よくいわれることですが、すべての人に平等に与えられているものがひとつあります。それは「時間」です。

よくいわれることですが、すべての人に平等に与えられているものがひとつあります。それは「時間」です。

よくいわれることですが、すべての人に平等に与えられているものがひとつあります。それは「時間」です。

よくいわれることですが、すべての人に平等に与えられているものがひとつあります。それは「時間」です。

よくいわれることですが、すべての人に平等に与えられているものがひとつあります。それは「時間」です。

よくいわれることですが、すべての人に平等に与えられているものがひとつあります。それは「時間」です。

よくいわれることですが、すべての人に平等に与えられているものがひとつあります。それは「時間」です。

よくいわれることですが、すべての人に平等に与えられているものがひとつあります。それは「時間」です。

よくいわれることですが、すべての人に平等に与えられているものがひとつあります。それは「時間」です。

時間だけは、お金持ちにもそうでない人たちにも、全く同じく24時間分与えられています。サラリーマンの自由になる時間と大金持ちの自由になる時間は違うと思うかもしれません。実際、そうであることを認めたとしても、一日の時間は万人に等しく24時間です。

見出し

サラリーマンなど勤め人の場合は、自分で自由になる時間は勤務時間以外になります。この点では、オーナー社長ではない雇われ社長も同じです。

見出し

サラリーマンなど勤め人の場合は、自分で自由になる時間は勤務時間以外になります。この点では、オーナー社長ではない雇われ社長も同じです。

見出し

サラリーマンなど勤め人の場合は、自分で自由になる時間は勤務時間以外になります。この点では、オーナー社長ではない雇われ社長も同じです。

サラリーマンなど勤め人の場合は、自分で自由になる時間は勤務時間以外になります。この点では、オーナー社長ではない雇われ社長も同じです。

サラリーマンなど勤め人の場合は、自分で自由になる時間は勤務時間以外になります。この点では、オーナー社長ではない雇われ社長も同じです。

サラリーマンなど勤め人の場合は、自分で自由になる時間は勤務時間以外になります。この点では、オーナー社長ではない雇われ社長も同じです。

サラリーマンなど勤め人の場合は、自分で自由になる時間は勤務時間以外になります。この点では、オーナー社長ではない雇われ社長も同じです。

サラリーマンなど勤め人の場合は、自分で自由になる時間は勤務時間以外になります。この点では、オーナー社長ではない雇われ社長も同じです。

サラリーマンなど勤め人の場合は、自分で自由になる時間は勤務時間以外になります。この点では、オーナー社長ではない雇われ社長も同じです。

サラリーマンなど勤め人の場合は、自分で自由になる時間は勤務時間以外になります。この点では、オーナー社長ではない雇われ社長も同じです。

サラリーマンなど勤め人の場合は、自分で自由になる時間は勤務時間以外になります。この点では、オーナー社長ではない雇われ社長も同じです。

サラリーマンなど勤め人の場合は、自分で自由になる時間は勤務時間以外になります。この点では、オーナー社長ではない雇われ社長も同じです。

多くの人たちは、自分が自由に使える時間でほとんど生産的なことをしていません。漫然とテレビを見ていたり、インターネットで時間をつぶしたりしています。そうした生活は、気は楽かも知れませんが、会社の業績が悪化したときには、取り返しのつかないことになるかもしれません。

一方で、自分の自由時間を、自分の生活を向上させるために使う人たちもいます。何かの資格を取るためや、将来のために新しい技能を身につけるために勉強をする人たちです。あるいは、勤務をしている会社が副業を禁じていない場合は、何らかの副業をしている人たちもいます。

こうした人たちは、勤務をしている会社の業績が悪化したからといってあわてることはありません。新しく身につけた技能を生かせる会社を探して就職をすることもできるでしょうし、自分自身で収入を得るために事業を始めることもできるからです。

毎日たった一時間の時間を割くことで、毎月30時間、一年間では365時間をそうしたときのための準備に当てることができます。一日8時間をそうした時間に使うとすると、365時間となり、それは45日分にもなります。毎日二時間を割くとすると、一年間で、90日分、なんと3ヶ月分の時間を将来の準備のために使うことができるのです。

しかし、現実には、こうした時間の使い方をしている人たちは、とても少ないのです。

言い換えると、こうした時間を毎日割いている人たちや、そうした時間を持とうとしている人たちは、将来に対する準備ができていたり、これから準備を始めようとしている、ごく少数の人たちだということになります。

この本を読んでいるあなたも、そのごく少数の人たちの一人です。

あなたの選んだ時間の使い方は、「インターネットでビジネスをする方法を学ぶ」ということです。

これはとてもいい選択です。もしあなたが会社に勤務をしている場合でなくても、新しい収入源を得るというということは大切なことです。

お金持ちは、収入源をいくつも持っています。それは、不動産収入であったり、株式収入であったりします。複数の収入源を持つと、そのうちのひとつからの収入が途絶えても、残りの収集源があるので生活に困ることはありません。

不動産収入や株式収入の場合には、ある程度の元手が必要になりますが、インターネットビジネスの場合には、ほとんど元手がなくても始められるものがいくつかあります。それにもかかわらず、不動産収入や株式収入と同じように、「手をかけ続けることなく継続的な収入を得ることができる」というビジネスが可能です。

「手をかけ続けることなく継続的な収入を得ることができる」というビジネスをしている人たちは、ビジネスオーナーと呼ばれます。

ビジネスオーナーは、自営業者や自分自身も一生懸命働いている会社の社長とは違います。ビジネスオーナーとは、自分が働かなくても事業で収益を手にする仕組みを持っている人たちのことです。

毎日毎日パソコンの画面とにらめっこをしながら、外国為替証拠金取引(FX)や短期株式投資をしている人たちがいますが、いくら大金を稼いでいたとしても、彼らはビジネスオーナーではありません。

これからこの本で解説をしていく「アフィリエイト」というビジネスは、「手をかけ続けることなく継続的な収入を得ることができる」という仕組みで稼ぐことができるビジネスモデルです。

また、このビジネスモデルでは、外国為替証拠金取引(FX)や短期株式投資を始めるときのような自己資金というものを、ほとんど用意することなくビジネスを始めることができます。また、アフィリエイトの場合には、収益を上げる仕組みを積み上げていくことが可能です。

つまり、ビジネスを始めた当初には少ない収益しか見込めないことも多いのですが、ビジネスを継続していけばいくほど、次第に大きな収益を手にすることができる可能性があるわけです。

あなたにとって幸運なことは、このアフィリエイトというビジネスを成功させるために必要なノウハウは、もうほとんど出尽くしているということです。それなのに、そのノウハウをきちんと理解をして実践している人たちというのは、なんと少数派なのです。

多くの人たちは、アフィリエイトのノウハウが出尽くしているのにもかかわらず、それを実践できていません。その結果、アフィリエイトで収益を上げ続けている人たちというのも少数派になってしまっています。

アフィリエイトで収益を上げていない人たちは、「ブログを3つも作ったのに収益は月に500円にもならない」とか、「そもそも競争相手が多すぎて商売にならない」などと、アフィリエイトで稼げない言い訳ばかりをいっています。だから稼げないのです。

彼らの特徴は、自分をビジネスオーナーとして客観的に見ていないということです。営業職などは別として、会社に勤務している場合には、仕事は上から与えられます。「この仕事をしてください」といわれた仕事をするだけで報酬を得ることができます。

しかし、その報酬を従業員に支払うための仕事をとってきているのは、会社の経営者や営業職なのです。彼らが仕事を探してこなければ、従業員に給与を支払う原資はないのです。

世の中を見回すとわかりますが、数多くのありとあらゆる業種の会社や個人商店が収益を上げています。それこそ、「競争相手が多すぎる」し、「商店の数が多すぎる」のです。それでも、きちんと収益を上げている会社や商店が世の中には、満ちあふれているのです。

彼らにあって、稼げないと愚痴を言うアフィリエイター(アフィリエイトをする人)にないものは、ビジネスをして収益を上げることについての意識の差でしかありません。つまり、ビジネスをするという意気込みの差です。

では、ビジネスをするとはどういうことでしょうか。

多くのアフィリエイターは、その点について深く考えようとしません。ビジネスをして収益を上げるということがどういうことかが分かっていないのです。そのことを自覚するだけで、アフィリエイトで収益を上げることができるようになります。

ですから、「ビジネスをするということの意味」を自覚するということはとても大切なことです。このことを理解していない人は、どんなビジネスを始めても成功できません。本当に大切なことですので、じっくり読んでください。

ビジネスとは、他の人たちに商品やサービスを提供する対価として報酬を得ることです。

ですから、より多くの人たちに価値のある商品やサービスを提供できれば、より多くの報酬を得ることができます。このことは、あらゆるビジネスに共通することです。また、他の人たちには提供ができない商品やサービスを提供できる場合は、もっと多くの報酬を得ることができます。医者やプロ野球選手がレストランのウェイトレスよりはるかに多額の報酬を得られるのはそのためです。

稼げないと愚痴を言うアフィリエイターは、「他の人たちに価値のある商品やサービスを提供する対価として報酬を得る」ということが全然分かっていません。自分が報酬を得ることしか考えていないのです。そのため、不正な手段やスパムブログの量産などで稼ごうとする人たちまでいます。あるいは、裏技といわれるような手段を推奨する人たちもいます。他人の迷惑はどうでもいいから、とにかく稼げればいいという考えなのでしょう。

しかし、ビジネスという視点で考えれば、そんなことをするのはどうかしています。それに、そんなことをしていても楽しくはないでしょう。ビジネスをするなら、楽しんでした方がいいです。

誰かに商品やサービスを提供すれば報酬を得ることができるのです。誰かに商品やサービスを提供しない限り、自分が報酬を得ることはできません。

ビジネスをして商品を得るということは、まとめると次のようになります。

  • できるだけ多くの人たちに価値のある商品やサービスを提供する。
  • その対価として報酬を得る。
  • 他の人には提供ができない商品やサービスを提供できれば、より多くの報酬を得ることができる。

以上のことが分かっていれば、アフィリエイトで報酬を得る方法もおのずと理解できるのです。他にアフィリエイトをする上で必要なことは、インターネットというツールの特性を理解することだけです。

光速アダルト動画アフィリエイトは、なぜ点穴より稼げるのか?/月20万円稼ぐアダルトアフィリエイト教材セット/アダルトアフィリと著作権法(パクり懲役10年,改変5年)/DUGAアフィリエイトで稼ぐ方法/出会い系アフィリエイトで稼ぐ方法2024-コロナで人気爆発/アダルトアフィリの稼ぎ方

タイトルとURLをコピーしました