自分が得意なことをお金に変える

アフィリエイトを始めるときに誰もが考えることは、「どうやって稼いでやろうか?」ということなのですが、お金を稼ぐことばかり考えていると、とかくテクニックに走ってしまいがちです。

インターネットに限らず、お金を稼ぐということの基本は、「誰かの役に立って、その対価として報酬を得る」ということです。

ですので、アフィリエイトをする場合でも、「わたしは何をすれば他の人の役に立つだろうか?」という問いを自分に投げかけてみることをお勧めします。

「わたしが得意なものは何だろう?」

そう考えることで、どういうアフィリエイトをすればいいかが見えてきます。

この本では、アフィリエイトを始めたばかりか、アフィリエイトを始めたものの、なかなか成果報酬に結びついていない初心者を対象にしていますが、こうした考え方は初心者に限らず、アフィリエイトを長く続けていく上で必要な心構えです。

あなたの得意なことをインターネットのブログなどで書くと、その情報を探している人達がやってきて幸せになれます。その結果、あなたにアフィリエイトの広告報酬が対価として支払われるのです。

アダルトアフィリエイトで稼ぐ方法/光速アダルト動画アフィリエイトは、なぜ点穴より稼げるのか?/月20万円稼ぐアダルトアフィリエイト教材セット

例を挙げましょう。

[あなたの闘病体験をブログで書いて、役に立った本や音楽、サプリメントなどを紹介する]

[同じ病気になった人が、あなたの体験記を読みに来る]

[あなたの体験に共感して、あなたが紹介した本やサプリメントを購入する]

その結果、あなたに報酬が支払われるのです。

さて、あなたの得意なことはなんでしょうか。

「そんな大した病気もしていないし・・・」

あなたの得意なことといっても、あなたが他の人に教えることができることであれば、何でもいいんです。別に学術書を書くわけではないのですから。

料理のレシピとか、着付けの仕方とか、海釣りの仕方とか。

とにかく何でもいいので、「わたしの得意なものって何だろう?」と考えてみてください。

ここで注意点をひとつ。

あなたが得意なこととは、あなたがそのことのエキスパートでなければならない、という意味ではありません。そのことについて、他の人よりちょっとだけ詳しい程度でもいいのです。

なぜなら、あなたが得意なこととして書いた情報を探しに来る人は、多ければ多いほどいいからです。

つまり、こういうことです。

博士に本を売るより大学生に本を売る方が儲かります。なぜなら大学生の数の方がずっと多いから。大学生に本を売るより高校生に本を売る方が儲かります。なぜなら高校生の方が多いから。

DUGAアフィリエイトで稼ぐ方法/副業アダルトブログの作り方-AV出会系アダルトグッズ恋愛商材チャットレディで解説

世の中は、エキスパートを頂点とするピラミッド構造になっています。

ということは、あなたの得意な情報が「エキスパート向け」だったとしたら、それを読みに来る人の数はぐっと少なくなります。かといって、誰でも知っていることを書いたら誰も読みに来てくれません。

一番いいのは、あなたが初心者に対してなら一時間か二時間くらいは話し続けられるようなことです。

と考えると、結構思い浮かぶと思います。

思い浮かばないときには、次のようなことを考えてみてください。必ず何かあるはずです。

  • あなたは普段どんな本を読んでいますか?
  • あなたの趣味は何ですか?
  • あなたの悩みは何ですか?
  • あなたがいつも見ているサイトはどんなサイトですか?
  • あなたが最近はまっていることは何ですか?
  • あなたの好物は何ですか?

思いつくまま気の向くまま、できるだけ多く、いくつもいくつもノートに書き出してみましょう。

この作業をきちんとすると、簡単にサイトを作ることができます。ですから、ここはじっくりと考えてみてください。こうして書き出したものが、あなた作るサイトのテーマになります。

書き出したら、その中から、以下のものを除外してください。

「そのテーマに関連する商品やサービスが思い浮かばないもの」

アフィリエイトは、商品やサービスを紹介して、実際にそれらが売れたときに報酬が得られるという仕事です。ですから、書く話題に関連する商品やサービスが少ない場合や報酬率、報酬金額が極端に低い場合は、成果報酬も少なくなります。

ですので、そのようなテーマでサイトを作ってもアフィリエイトで報酬を得ることは難しいのです。

出会い系アフィリエイトで稼ぐ方法2024-コロナで人気爆発/アダルトアフィリエイトが稼げる理由 2024年の展

あなたが得意とするテーマですので、それに関連する商品やサービスにどういうものがあるのかは分かると思いますが、分からないときには、楽天市場やアマゾンでリサーチをしてみて下さい。

アフィリエイトで報酬を得られるものの中には、求人、資料請求などもあります。こうしたものに関連するテーマの場合は、アフィリエイトで稼ぐことができます。(これらについては、実際にアフィリエイト仲介業者(アフィリエイトサービスプロバイダ、ASP)に登録をして探してみてください)

次に、そのテーマがとことん絞られているかを吟味してください。

たとえば、「わたしはニュースが好きだ!」という理由から、ニュースのレビューサイトを作ったとします。

ここまではいいのですが、そのニュースのレビューサイトが、政治・経済・社会・芸能・スポーツを全て取り上げるような作りだと、そのサイトでは絶対に稼ぐことはできません。なぜなら、新聞社などの大手企業がそうしたサイトをすでに運営しているからです。

あなたの書いた情報を探している人達も含め、インターネットで情報を探している人達は、多くの場合、Yahoo!JAPANやGoogleなどの検索エンジン経由で様々なサイトを訪れます。

このYahoo!JAPANやGoogleなどの検索エンジンでは、「検索キーワードに関してもっとも有用な情報が書かれていると思われるサイト」から順番に検索結果として表示します。

あなたの作ったニュースのレビューサイトが、大手新聞社と同じような内容の場合、検索エンジンは、大手新聞社などが作るニュースポータルサイトの方を優先して表示してしまうでしょう。

ですから、あなたが作るニュースのレビューサイトは、政治・経済・社会・芸能・スポーツを全て取り上げるような作りにしてはいけないのです。

では、政治だけにすればいいのかというと、それではまだダメです。

「じゃあ、経済にすればいいの?」

いえいえ、それじゃまだダメなんです。それではまだテーマが大きすぎるのです。もっともっとテーマを絞り込まなければいけません。

経済を扱うのなら、経済の中でも水産を、水産の中でも鯨関係を、といったように、絞り込めるだけ絞り込んだテーマにしてください。

でも、ここまでテーマを絞り込むと書けるニュースがほとんどなくなってしまうかも知れませんね。

株やFXなら毎日書くネタには事欠きませんが、やはり大手ニュースサイトがありますし、証券会社のサイトもあります。

また、ニュースのレビューサイトの場合は、更新をし続けないと、サイトを訪れる人が少なくなっていくという欠点もあります。ニュース性が大切な要素であるサイトは、当然そうなります。

というわけで、ニュースのレビューサイトというのは、簡単に作れて運営も楽なようなのですが、よくよく考えてみると難しいのです。

では、どのようなサイトがいいのかというと、一度作ってしまった後は、ほとんどほったらかしでも訪問者が絶えないというのが理想です。

ニュースのレビューサイトでは、鯨や株FXというテーマでサイトを運営するのは大変ですが、同じテーマでも、鯨料理や鯨グッズを紹介するサイトを作ることはできます。同じように株やFXの入門サイトを作ることもできます。(ただし、株やFXの入門サイトは、すでにそうしたサイトがたくさんあるので、今から作っても訪問者を呼び込むことは、実際には難しいでしょう)

こうしたサイトの場合は、ある程度のページ数のコンテンツを作ってしまえば、ほとんど更新をしなくても訪問者が継続して訪れるようになります。このことは、書籍をイメージすると分かりやすいでしょう。書籍は、書架に置いておいて何度も手に取りますよね。新聞は、切り抜きをすることはありますが、基本的に読み捨てです。

ですから、あなたの得意なテーマで、書籍のようなサイトを作りましょう。

あなたの書く情報がとことん絞られたテーマで、しかも独自の視点を持つような場合は、10ページや20ページといった小冊子でも、読んだ人は手元に置いておきたいと思います。

あなたの書く情報が、それほど特異な視点を持つものではない場合は、ページ数の少ない小冊子では、手元にとって置いてはもらえません。この場合は、100ページ以上のボリュームのある書籍にすることで書架に置いておいてもらえるようになります。

とにかく、まずは、あなたが提供できる情報は何かを考えてみましょう。

  • あなたは普段どんな本を読んでいますか?
  • あなたの趣味は何ですか?
  • あなたの悩みは何ですか?
  • あなたがいつも見ているサイトはどんなサイトですか?
  • あなたが最近はまっていることは何ですか?
  • あなたの好物は何ですか?

一例を挙げましょう。

わたしが以前書いたコンテンツに、急性肝炎を扱ったものがあります。

わたしは病院の健康診断で、すぐに入院する必要はないものの急性肝炎になっているということが分かったことがありました。

その急性肝炎を患ったときの体験を、3ページ程度のレポートにまとめてサイトを作りました。

わたしの書く文章なので、3ページといっても1ページあたりの文字数は1000字くらいはありましたが、内容は、病院で血液検査を受けたら急性肝炎だったことと、その後の通院の経験や、しこたま買い込んだ肝臓にいいという健康食品を紹介しただけでした。

その後どうなったのかというと、紹介した健康食品が長い間に渡って売れたのです。そのサイトでは、急性肝炎にかかって通院をしながら健康食品を買い込んで飲んだり食べたりしていたことを書いただけで、急性肝炎自体に関しては何も書いてありませんでした。

サイトを訪れた人達に感想を聞いたわけではないので何ともいえませんが、病気自体に関しては何の情報も書いてはいなかったので、「へー、なるほどね」という感想しか感じなかったのではないかとは思います。

それでも紹介した健康食品は売れました。たった3ページしかないサイトで・・・。

ですから、「なるほど」とか「へー」と思われれば、それは、あなたしか提供できない貴重な情報なのです。

さて、あなたが提供できる情報は何でしょうか。

あなたの得意なものは何でしょうか。

タイトルとURLをコピーしました